今回はあのギタリストと、
あのヴォーカリストによって結成された
スーパー・グループです!

THE FIRM(ザ・ファーム)U.K.

1984年、元レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジと、
元フリー~バッド・カンパニーのポール・ロジャースが
組んだバンドとして大いに話題となったバンド。

リズム隊には、ドラムに’60年代から活躍する
Chris Slade(クリス・スレイド)、
ベースにフレットレス・ベースの使い手として
名をはせるTony Franklin(トニー・フランクリン)
が参加。

スーパー・グループの常か、バンドとしては
アルバム2枚を残して解散してしまいますが、
私が所有するのはこの1stです。

・The Firm(1985/1st/輸入LP)

好き度★★★☆☆
特に、ジミー・ペイジとしては
レッド・ツェッペリン解散後、映画のサントラを
1作手掛けた以外は目立った活動が無かったため
大変大きな注目と期待を受けましたが、
全体の作風はポール・ロジャースのカラーが
強く出たようで、バッド・カンパニーの作品に
非常に近い印象を受けます。

ツェッペリンの興奮を再び、と期待したファンは
イマイチだったんじゃないでしょうかね?

しかしまあ、ツェッペリンの影を追い求めなければ、
そんなに悪い内容じゃないと思います。
実際、それなりに売れたし、
⑤「Radioactive」もシングルとしてヒットしました。

私のお気に入りは⑧「Satisfaction Guaranteed」。
シブくてカッコイイわー(⋈◍>◡<◍)。✧♡

ペイジ氏も頑張ってギターをたくさん聴かせてくれるが
プレイの傾向はツェッペリンで言えば
『イン・スルー・ジ・アウトドア』の頃のもの。

本作発表後から3年後の’88年、
アトランティック・レコード40周年記念コンサートで
晒してしまった悲惨なプレイから考えると
この頃の氏はあまりちゃんとギターが弾ける
状態ではなかったとも推察出来ます。
弾けないなりに、それでも上手いこと聴かせるように
計算され工夫されている、といった感じでしょうか。
そういったことには長けているミュージシャン
でもありますからね。

ポール・ロジャースも数曲でリズム・ギターを
弾いているようだし、実際にはもう少し
フォローしているのかも知れませんね。

リアルタイム(高校一年生だったかな?)では
あまり興味が持てず、手に入れたのはつい最近、
中古で0くらいで買ったんですが
このぶんだと2ndもそれなりには楽しめそうですね。

ではでは、このへんで。
お付き合いいただきありがとうございました!

ABC友の会公式HP
http://abc-tomonokai.com/
 
ABC友の会公式Twitter
https://twitter.com/abc_tomonokai
 

おざきゆうすけン家の棚no.88 THE FIRM

投稿ナビゲーション